2021/01/30 13:18

こんにちは!トモタクです😊

今日もページに来てくださってありがとうございます。

若いと疲労を感じにくいし、たとえ疲労を感じてもすぐ元に戻ることができます。

ただいつまでも若くはいられないし、疲労は日々積み重なれば、不調に感じるような疲労となります。

だったら疲労が積み重ならないように目を守ろうよ!

ってお話を書いてみました(^^♪

若い人は眼精疲労と感じにくい?

「若いは無敵」

現在若い人も、昔若かった人もそうだと思います。

現在40代である私も20年前は無敵でした…
オールで騒いでも、朝まで飲んでも、翌日仕事に行っていました(笑)

今とは比べものにならないくらい元気に遊びまわっていました!

画像1

若いと疲労を感じてもすぐ回復できるし、もしかして疲労が起きていても疲労と感じないかもしれません。

それは目でも同じことが言えます。

長時間パソコン作業やゲームをすることで、目の中も疲労しています。

具体的に言うと、毛様体筋という部分を緊張(収縮)させ、水晶体を厚くさせることでピント合わせをし、近くのものが見えるようになるのです。

簡単に言うと、

近くを見る時、目の中の筋肉はめっちゃ頑張ってる

というわけなんです。

若ければ、筋肉を使っていても翌日には元気になりますよね?

それが体だろうが目の中だろうが同じような気がします。

画像2

眼精疲労を感じていない人がゲーミンググラスeSASを使ったら…

眼精疲労の原因は様々です。

度数の問題、光の強さの問題、目の渇き(ドライアイ)の問題…

複合的な原因によって疲労が蓄積し、気が付いたら疲れが取れなくなり、その時はじめて眼精疲労だと気が付きます。

先日、眼精疲労を感じない若いプレイヤーさんにゲーミンググラスeSASをかけてプレイしてもらいました。彼は20代前半のプレイヤーさんです。その時は目の検査は一切せず、度なしのモノを試していただきました。

5~10分プレイしていただき、どうだったかお聞きすると

ゲーミンググラスを使ってプレイしている時は気が付かなかったけど、外してプレイした時、ゲーミンググラスに目を守られていたんだと実感した

とおっしゃいました。

今のままでも問題ないと思っていても、快適な見え方を体験することで、「実は今、眼精疲労なのかも…」と気が付くこともあるのです。

画像3

ゲーミンググラスはあなたを守るもの

少しずつ少しずつ疲労が重なり、自分で解消できなくなった時、はじめて眼精疲労だと感じます。

眼精疲労だと感じていなくてもPCモニターやスマホを長時間見続けていれば、少なからず目や身体の疲労は起きています。

そうなる前に使い始めることは、自分を守ることにもつながります。

PCモニターやスマホから出る光は刺激が強く、長時間あび続けることで網膜(カメラに例えるならフィルムになる部分)に影響が出ると言われています。
また、見る距離に合わせた正しい度数にしておかないと近視が進み続ける可能性があります。

PCモニターやスマホでできることは日々増えてきています。
仕事、学校の授業、読書、買い物、ゲーム…

PCモニターやスマホの使用時間はこれから増えることはあっても減ることはないでしょう。

あなたがいつまでも快適に楽しくゲームを続けたいのなら、今すぐにゲーミンググラスを使って自分の目を守ってください!

オンラインショップはじめました!


最後に…

ゲーマー、ストリーマーさんをはじめ、PCモニターやスマホを見続ける全ての人の目を守りたい

そんな思いからゲーミンググラス屋で得た知識をみなさんに知っていただきたくnoteを書いております。

一人でも多くの人に届けたい!と思っています。

もしよかったらTwitterなどで感想を拡散していただけないでしょうか?私はそれを励みにもっともっと頑張って書いていきます✍

もちろんですが、RTもさせていただきます!

どうかどうかよろしくお願いしますm(__)m


最後の最後までお読みくださり、ありがとうございましたヾ(≧▽≦)ノ